【知っておくべきトレンド性】IT未経験者の情報処理資格の価値

IT資格

未経験からIT勉強のため資格取得を考えたとき情報処理技術者の資格を検討するひとは多いですが、実際IT業界で働くうえで勉強する価値はあるのかなと悩むひとがいるかとおもいます。

「IT業界の就職のために勉強したいけど情報処理資格って意味あるのかな・・」
「IT資格なら情報処理技術者よりトレンドのものがいいのかな~。。。」
こうした方むけに情報処理技術者資格におけるトレンド性と価値の部分についての参考情報を紹介します。

IT資格を調べるとすぐに情報を目にする情報処理技術者の資格ですが、どうもIT全般の基礎的な位置づけにみえて最新トレンドの資格のほうがよいのではと感じたりするもかもしれません。

ある意味でそうした考えも間違いではありません。

IT業界ではトレンドの移り変わりも早いため、その時々のトレンドな分野の資格が強みになることも多いです。

しかし情報処理技術者資格にも最新のトレンドを反映した考えやトレンドと比較した価値の部分として考えられる点がありますので、個人的な経験なども踏まえて紹介します。

スポンサーリンク

IT資格のトレンドについて

まず最新のIT資格トレンドについて、以下の日経xTECHさんの記事で紹介されています。

人気上昇中のIT資格、見逃せない2つのトレンド | 日経クロステック(xTECH)

最新といっても少し前の記事になるため、現在の最新状況とは異なる点もあるかもしれません。

しかし現在でもそれほど大きな乖離はないとおもいます。

こちらをみると記事にもある通り、最近ではクラウド系、AI系などの資格がトレンドになっています

またこちらには保有資格の情報記事もあります。

「役立つIT資格」ランキングに異変、8位に初登場したあの資格 | 日経クロステック(xTECH)

こちらでも上記と同じような感じで、だいたいトレンドとして注目されている資格をとるひとが増えているという形でしょう。

ただどちらをみても情報処理技術者資格もかなりの率になっていることもわかります。

個人的にも少し意外だなと感じていますが、IT業界で働くひとのなかで情報処理技術者資格はトレンドを反映しても結構取得意向が高いようです。

情報処理技術者資格におけるトレンド性

情報処理技術者資格におけるトレンド性の部分として考えられる点は大別して2つあります。

それは、

  • 最新トレンドを反映した試験内容
  • トレンドに左右されない価値

の2つです。

最新トレンドを反映した試験内容

まず情報処理技術者資格のトレンドが反映されるということについてですが、実際に情報処理技術者資格を勉強、受験してみるとわかりますが、情報処理技術者試験では最新のトレンドが反映される部分は多くあります。

自分は実際に自分が受験勉強をするまでは、情報処理技術者資格では不変的な内容ばかりになっているとおもっていましたがそうではありませんでした。

とくに過去問題をやっていると感じますが、その時々の最新のIT情勢にあわせて内容が変わっていく傾向にあります。

とくに高度情報処理技術者の区分では顕著で、ちょうど上記xTECHの記事がでるような最近ではAI、IoT、クラウドなどの内容がでることが多くなってきています。
基本情報技術者試験では基礎的な内容が多いためその傾向は弱めですが、午後2での言語選択でCOBOLが廃止されPythonが追加されるなど、やはりトレンドは反映されています。

考えてみれば、IT系の国家資格とされる試験でトレンドが反映されないというのは最新の情勢に役立たない知識ばかりになるということなので、試験にトレンドが反映されるのは当たり前だと感じます。

トレンドに左右されない価値

また情報処理技術者資格のトレンド性として、もうひとつの側面としてあるのがトレンドに左右されない価値の部分です。

上記のとおり情報処理技術者資格ではトレンドが反映される点はありますが、対して不変的な知識として必要な点も多くあります。

そうした知識を勉強して自分のものとして持っておくことは、トレンドに左右されない力として重要になります。

最新のIT技術や知識を追い求めることも重要ですが、基礎的な知識や長く使われるフレームワーク、思考法なども重要な知識であり、そうした面をカバーできる資格が情報処理技術者となっています。

また資格自体の客観的な価値が変わらないという点もあります。

古いIT技術分野のベンダ資格などは、どうしてもトレンドが流れるに従いその資格自体の価値も薄れる傾向にあります。

そもそも資格自体にあまり意味はないと考えるひとも一定数はいますが。

情報処理技術者資格はどの時期に取得したかというのがみえないこともありますが、常に客観的な一定の評価が得られる資格になります。

スポンサードサーチ

【知っておくべきトレンド性】IT未経験者の情報処理資格の価値まとめ

【知っておくべきトレンド性】IT未経験者の情報処理資格の価値のまとめです。

  • IT未経験者にとって情報処理技術者資格はトレンド性と価値のあるもの
  • 情報処理技術者資格のトレンド性として考えられるのは、「最新トレンドを反映した試験内容」「トレンドに左右されない価値」の2つ
  • 情報処理技術者資格にはトレンドと無関係の一定の客観的な価値もある

もちろん情報処理技術者資格以外のIT資格で最新トレンドを勉強していくことも大いに価値があります。

ただし中にはトレンドに置いていかれて価値の少ないものとなっている資格もあります。

重要なのは情報処理技術者資格でもその他のIT資格でも、自身にとってトレンド面も含めての勉強、取得の価値があるかどうかを考えることです。

未経験から考えるIT資格取得の参考情報はこちらでも紹介しています。

【簡単比較】IT未経験向け情報処理orベンダ資格4つの観点
未経験・若手エンジニアの方がIT関連の勉強をするとき資格の取得をゴールに勉強するひと。情報処理資格とベンダ資格のどちらを取得するかで迷ったら、比較の観点から自身に合った資格を決めていくのがおすすめです。
【一歩目に】未経験から手頃なIT資格3選【通勤学習で取得可能】
IT未経験からIT業界就職やIT業務をこなすためにIT関連の資格取得を考える方。未経験からでも手軽に取得できて、後々でもメリットになるような資格もありますという参考情報を紹介します。
【簡単!3つのポイント】未経験からIT資格取得への参考書選び
未経験からIT資格の取得を考えはじめるひとのなかには、参考書をどう選ぶかで迷うひと。未経験からのIT資格勉強では参考書選びも重要な点で、前提を理解したうえで大事なポイントをおさえた参考書選びが効率アップにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました