【一歩目に】未経験から手頃なIT資格3選【通勤学習で取得可能】

IT資格

IT未経験からIT業界就職やIT業務をこなすためにIT関連の資格取得を考える方がいるとおもいます。

「少しITの勉強をはじめてみたいけど、いきなりむずかしいのは無理だからどうしようかな・・」
「自分のレベルにあった経験ベースで受けられるIT資格ってあるかな~。。。」
こうした方むけに自分の経験から未経験から取得して役立った手頃なIT資格についての参考情報を紹介します。

なお手頃と書くと、なにかただ簡単に資格をとるだけのように見えるかもしれませんが、手頃とは辞書の意味から「過大でなく、自分(の力)にちょうど適していること。」という意味合いで役立つとおもう内容とあわせて紹介します。

情報処理、ITに関連する初歩的な資格となりますので、IT業界以外でもITを利用する立場というなかで役立つ場面もあります。

またそれほど難易度も高くなく、勉強時間もそれほど必要ではないので、未経験からでも通勤学習をベースに合格可能です。

自分の周りではIT業界の仕事を検討していて未経験だから何か簡単なものからといったひとや、直接ITの仕事はしていないがITを利用する立場なので少し勉強したいといった考えのひとで取得しているひとが多くいました。
スポンサーリンク

未経験から役立った手頃なIT資格3選

まず結論から3つのIT資格を未経験から取得して役立った手頃なIT資格として紹介します。

ITパスポート(iパス)

ITパスポートはCBT方式の受験形式となっていて、情報処理分野の基礎的な知識に関する資格です。

ストラテジ、マネジメント、テクノロジ系の分野に関する内容になっていて、全くの未経験からだとテクノロジ系を中心に多少の情報処理分野の勉強が必要になるかもしれません。

こちらの資格内容は直接的に勉強した内容が仕事に結びつくといったことは少ない印象ですが、IT関連の仕事をするうえではベースになる知識として活用できます。

資格自体は未経験者向けの資格になるため、IT業界では資格自体のアピール性はそれほどないかもしれません。

しかし紹介するなかでは唯一の国家資格になり、IT分野では広く必要となる範囲の内容になり一度取得すれば永続的なものになります。

IT業界への就職のさいにまずは取得しておくという考えもよいかとおもいます。

ただし少しの勉強のやる気と時間があるのならば、もう少しがんばって基本情報技術者を取得するほうがおすすめ度は高いです。

基本情報技術者の参考情報はこちらで紹介していますので参考までに。

【基本情報技術者】最短合格のためにやること【未経験&独学】
IT未経験でも基本情報技術者試験にとにかく最短で合格したいと考えているひとはいるとおもいます。こうした方むけに試験の合格経験も踏まえて未経験&独学から効率よく合格をするためのおすすめの方法を紹介します。

マイクロソフ/トオフィススペシャリスト(MOS)

MOS試験はWord、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格となっており、実技試験による資格となります。

学生時代や仕事経験からオフィス系を利用することは多くあり、資格内容についてはある程度の知識、経験がベースにあれば既知の部分も多いかとおもいます。

そのため分からない点のみ重点的に学習することで、それほど取得の勉強面では時間をかけたり、苦労したりすることなく取得を目指せるとおもいます。

実技試験にはなるため通勤学習だけでというのは少しむずかしいかもしれませんが、最終的な仕上げ確認を実機操作する時間をとれれば独学で十分合格できます。

内容的にはほとんどの仕事で使用するオフィス系の分野になるため、仕事に直結して活用できる度合いも強く、未経験から業務活用できる資格となります。

ITILファンデーション(ITIL Foundation)

ITILはITサービスの成功事例をもとにした知識を体系的に学習する資格となります。

CBT方式の受験形式となっていて、バージョンの更新はあるものの取得すれば永続的な資格となります。

上記2つの資格と比べると、IT分野にいないと聞き慣れない資格になるかもしれません。実際自分もIT業界の仕事に就いてから資格を知り取得しました。

名称や試験概要からITに特化した資格内容にみえますが、実際に資格を学習、取得するとサービスの運用分野に関するフレームワーク、指標の要素が強く、何かしらのサービスの提供、運用に携わる場合は参考になる点があると感じています。

手頃なIT資格の勉強方法

上記で少し記載した部分もありますが、基本的には勉強に費やす時間がある程度あれば独学ですべて合格可能な資格と考えています。

自分の経験からは通勤学習をメインに進めても2ヶ月程度あれば合格ラインになるくらいでした。

独学で勉強を進める場合、自分も通勤学習、Kindleで利用した経験も含めたおすすめの参考書を紹介します。

ITパスポート(iパス)

ITパスポートの参考書は数多くありますが、こちらの参考書はイラスト等も含めて未経験からで理解しやすく内容も十分なものでした。これプラス過去問題で十分かとおもいます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOS試験については受験時点でベースがあれば参考書は試験内容さえわかれば、学習内容はWebベースでもいけるくらいだとおもっています(時間があれば)。

ただ時間をかけず効率的に学習するのであればやはり参考書が強いとはおもいます。このあたりの参考書が有用ですが、通勤学習のKindleではなく最終の確認として利用する形になります。

Microsoft Office Specialist Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)
Microsoft Office Specialist Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

ITILファンデーション(ITIL Foundation)

ITILに関してはほぼ一択でいわゆる黄色本とよばれるこちらになります。

公式本といっていいくらいだとおもいますが、こちらでの学習のみで十分合格でき、内容的にも十分でした。

ITILは結構実践向けや改善利用みたいなものも多くあります。

IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011
Amazonで株式会社日立ソリューションズ, 満川一彦, 笹森俊裕のIT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス2011。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただ...

スポンサードサーチ

【一歩目に】未経験から手頃なIT資格3選【通勤学習で取得可能】まとめ

【一歩目に】未経験から手頃なIT資格3選【通勤学習で取得可能】のまとめです。

どちらかというと紹介している資格は情報処理分野の体系だった知識や基礎操作に関するものになりますが、そのぶん広く長く活用できるものだとおもいます。

IT業界以外で働く場合でも活用される部分もありました。

  • ITパスポート。情報処理分野の基礎的な知識の学習。
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト。Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを学習。
  • ITILファンデーション。ITサービスの成功事例をもとにした知識を学習。

IT業界で働くのであればITパスポートのさきの情報処理技術者資格も視野にはいるかとおもいますのでこちらで参考情報を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました