【意味はある?】未経験からの情報処理資格の取得メリット

IT資格

未経験や若手エンジニアの方のなかには情報処理試験を受験することに意味があるのかなと悩む方がいるかとおもいます。

「IT経験が浅いけど情報処理試験をとるのってあんまり意味がないって言われているよな・・」
「情報処理試験を勉強する意味は自分にあるのかな~。。。」
こうした方むけに自分が情報処理試験を受験、合格した経験からの未経験から情報処理試験を受ける意味についての参考情報を紹介します。

情報処理資格をとる意味は、そこに自分にとってのメリットがあるかを考えることが大事です。

自分が未経験・若手エンジニアのときに情報処理試験を受験するときにも、受験にあたって本当にメリットがあるのかな?というのは悩んだ点でした。

情報処理試験の合否の可能性以外に、そもそも自分にとって取得する意味合いはあるのか?

ただ実際に情報処理資格を取得した今では、できるときにやっておいてよかったなと考えています。

スポンサーリンク

未経験から情報処理技術者資格を取得する意味

資格勉強には学習を重ねること自体に意味があるという側面もあります。

しかしやはり資格取得の意味合いを考えるときに大きいのは、その資格に合格する意味=メリットがあるかどうかです。

未経験からIT業界で働くにあたって、情報処理資格を取ることにより生まれるメリットがあればそれは意味があることだといえます。

逆にもし情報処理資格を取ってもメリットになる点がなにもないのであれば、資格を取得することの意味は薄いものになります。

なかにはメリットを度外視しても資格を取得すること自体が目的の方もいます。資格コレクターのような方や資格取得が趣味の方など。ただしそうした方でないならば予め自分にとってもメリット=意味を考えておくこはモチベーションにもつながります。

そこで未経験からITの仕事に取り組むにあたって、情報処理資格を取得することで生まれるメリットにどんなものがあるかを整理してみます。

未経験から情報処理技術者資格を取得するメリット

情報処理技術者資格を取得することでどんなメリットを得ることができるかは、そのひとの立場や仕事、その他諸々によって異なってきます。

しかし未経験からIT業界で働くことを考えると、多くのひとが得られるメリットとして共通する部分があります。

そこで自分が未経験からIT業界で働くなかで得られたメリットも含めて考えると、未経験者にとっての情報処理技術者資格から得られるメリットは大別して2つあります。

それが、

  • 直接的なメリット
  • 間接的なメリット

です。

これらのメリットが自分にも当てはまるものかどうか、情報処理資格の取得を検討するにあたっての参考としてみてください。

情報処理資格の直接的メリット

これは単純で資格取得による特典が得られることです。

とくに未経験者だけに限った点ではありませんが、金銭面の特典キャリアアップの補助としてのメリットが直接的なものとして考えられます。

金銭面での特典

会社や勤務形態によりますが、報奨金が出たり、給与がプラスαになったりといったものがわかりやすい点です。

これらは目に見えて分かりやすく、資格取得を考えるのであれば勉強のやる気などにもつながりやすいところです。

自分が資格取得した当時は、あまり報奨金の類はありませんでしたが。。もう少し直接的なメリットがあればモチベーションももっと高かったのかなとおもいます。

場合によっては高度な資格区分になればなるほど、高額な報奨金をもらえることもあります。

キャリアアップへの補助

また企業によってはキャリアアップの条件として、情報処理技術者資格の保持が条件となっている企業もあります。

IT企業の中規模程度から上の企業ではわりとこうした条件があるところがあり、それは企業が表に出す資格保持者の数字などもアピールしたいことなどもあります。

IT資格は分野によって様々ですが、そのなかで一律で資格取得を促しやすく信頼性も高い情報処理技術者資格をとらせたいと企業の上層部が考えることは多いです。

また明確な条件になっていなかったとしても、未経験から情報処理技術者資格を取得していることは一定の評価材料としてキャリアアップの補助になります。

情報処理資格の間接的メリット

こちらは直接的なメリットと異なり、資格試験の勉強をはじめたうちはそれほど意識することがない点です。

しかし間接的に得られるメリットとして客観的な証明になる点が、未経験からIT業界で働くときに意外と大きなメリットとなります。

自分も資格取得の当時は直接的なメリット以外は頭にありませんでしたが、取得後に意外と情報処理技術者資格が証明として生きる場面がいろいろあるなと感じています。

具体的にはどんなことで?という点は以下で例とあわせて紹介します。

資格を活かした就職・転職活動

まずわかりやすい点として、就職・転職の場面で、第三者への証明が力を発揮するメリットを感じました。

自分の場合はすぐに転職する気がなくても常に転職サービスに複数登録するようにしています。

それはいざのときや動向を見たりや単なる情報集めも兼ねてなどの理由ですが。

そうしたなかで情報処理資格の有無によって求人、案件数が結構変わってくるなと感じています。

特に高度情報処理技術者資格の有無ではわかりやすいレベルで案件量の違いがわかります。

もちろん最終的には地力が大事にはなると思いますが、そもそもの転職活動の入口となるスカウトの量や紹介案件の数などが増えます。

また高度な情報処理技術者資格を保持するほど、スカウトや紹介の質も上がってきます。

面接確約などでいただける話も多く、単純に機会、チャンスが増えることは就職・転職活動における大きなメリットです。

資格を持つことでのマウンティング回避

またちょっと違った視点の例ですが資格マウントをとられることが減りました。

これはくだらないことと思う方もいるとはおもいますが。。

しかし企業で働いていると、なかには情報処理技術者資格の有無によって、仕事のチャンスが変わったり、企業内での立ち位置に影響したりといったことはあります。

たとえば案件やプロジェクトによっては、参加条件として資格の有無がひとつの基準要件となっているものの存在もたまにあります。

そうしたときに自身が資格を持っていることでチャンスが広がったり、資格が無いことがマイナス要素になることを避けられます。

資格マウントって本当に下らないことですが、無用なことでマウントされないというのはそれだけで助かるという経験もあります。この話はまた別のところで紹介します。

スポンサードサーチ

【意味はある?】未経験からの情報処理資格の取得メリットまとめ

【意味はある?】未経験からの情報処理資格の取得メリットのまとめです。

  • 未経験から情報処理技術者資格を取得する意味=自身にとってのメリット
  • 未経験から情報処理技術者資格を取得することには直接的&間接的なメリットがある
  • 直接的なメリットは、資格取得による特典&キャリアアップの補助
  • 間接的なメリットは、資格取得による就職・転職におけるチャンス創出&マウンティング回避

未経験からの情報処理技術者資格、IT資格を取得する参考情報はこちらでも紹介しています。

【一歩目に】未経験から手頃なIT資格3選【通勤学習で取得可能】
IT未経験からIT業界就職やIT業務をこなすためにIT関連の資格取得を考える方。未経験からでも手軽に取得できて、後々でもメリットになるような資格もありますという参考情報を紹介します。
【簡単比較】IT未経験向け情報処理orベンダ資格4つの観点
未経験・若手エンジニアの方がIT関連の勉強をするとき資格の取得をゴールに勉強するひと。情報処理資格とベンダ資格のどちらを取得するかで迷ったら、比較の観点から自身に合った資格を決めていくのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました